お風呂をカビから守るコツ

カビのない快適なお風呂は、毎日の暮らしを楽しくしてくれます。

 いよいよ梅雨シーズンが到来しましたね。

これからしばらくの間は、ジメジメとした鬱陶しいお天気が続きます。
そんな中でしばしば気になるのが、カビ。

今回はこの季節に欠かせない、お風呂のカビ対策についてご紹介させていただきたいと思います。

「お風呂のカビ」については、毎年梅雨の時期を迎える頃になると、テレビや雑誌などでよく取り上げられているので、多くの方が聞き飽きた感をお持ちかもしれません。

ですが、そのような情報を見ていると、どうも「一般的な情報」という印象を受けてしまいます。

国内のユニットバスの普及率は、新築マンションなどでほぼ100%、新築戸建住宅でも2件に1件以上の割合で採用されていると言われています。
多くのご家庭で、ユニットバスがほぼ当たり前の時代になっているのです。

それなので、
ここでは、あくまでも水回り設備メーカーさんから発売されているユニットバスに関するカビ対策のお話をお伝えしてまいります。

 

 

 カビ発生 3つの要素

カビのない快適なお風呂は、毎日の暮らしを楽しくしてくれます。カビ発生のメカニズムには、
①温度 ②湿度 ③栄養分 3つの要素が関係していると言われています。
これらの条件が揃った時に、カビが発生しやすいということですね。

。。。。。。
皆さま、まずは日常のワンシーンを思い浮かべてください。

夜お風呂に入り、脱衣所に出た直後、浴室の中はどうなっているでしょうか?

おそらく湯船のお湯や、シャワーのお湯で全体的に暖められ、浴室内は湿度の高い状態になっているのではないでしょうか?

隙間だらけの浴室であれば、中に充満している暖気や湿気もどこからともなく外に抜けていってくれるのですが、ユニットバスの場合、どこからともなく暖気や湿気が抜けてしまったら、大変!!
それこそ、漏水の危険につながってしまいます!

ユニットバスは、平たく言うと「外に水があふれないように止水した四角い箱」。

そのままの状態では、暖気や湿気も外に排出されず、中にこもってしまいます。

そして、ヒトが入った後に残された石鹸の泡。
そこには、ヒトのカラダから排出された老廃物や皮脂など(=カビ菌のエサとなる栄養分)がたくさん含まれています。

これでカビ菌の発生する条件、 ①温度 ②湿度 ③栄養分 すべて整いました。

この状態は、私たちの日々の暮らしとともに、毎日毎日繰り返されています。
カビは、一度生えると、お掃除してもお掃除しても、完全に除去することが難しく、同じような場所にまた発生します。

だからこそ、普段からカビ菌の温床にならないように心がけてていきたいですね。

ユニットバスを新しくご購入されたお客様にも、毎回ご説明させていただいています。(昨日もご説明差し上げて来たところです。)

カビ菌の温床にならないユニットバスの使い方

それはズバリ!
「カビ菌の好む環境を作らない」です。

つまり、①温度  ②湿度 ③栄養分 をユニットバス内に極力残さないような使い方をする。
これに尽きます。

3つの要素の中で、特に重要なのが、②湿度 です。
なぜなら、カビ菌はジメジメとした湿気のある環境が大好きだからです。

では、ユニットバス内に湿気を残さないようにするにはどうしたらいいでしょう?

答えはカンタン!
使い終わったら 換気扇を回す です。

換気扇を回すことで、中にとどまっている湿度の高い空気を強制的に外に排出し、代わりに湿度の低い空気を取り込むことができます。

効率よく空気の入れ替えができるのです。

日頃ご説明に伺うお客様の中には、換気扇を回す際に窓を開けるという方がいらっしゃいます。

この方法は間違いではありませんが、〝効率的な換気〟ということを考えると不十分と言えるでしょう。
なぜなら、窓の外、特に夜間は外気の湿度が上昇する傾向にあるからです。

効率のよい換気方法とは?

効率のよい換気の具体的な方法をステップで表すと、下のようになります。
(夜お風呂を使い終わったら)
ステップ1:(窓があれば)窓を閉める
ステップ2:ドアを閉める
ステップ3:換気扇のスイッチON!(ひと晩回す)ポイントは、閉め切った状態で換気扇を回す ということです。

窓やドアを閉め切った状態で換気扇を回すと、ユニットバスの中は負圧になります。
このとき着目していただきたいのが、ユニットバスのドアに設けられている「ガラリ(スリット状の換気口)」です。

ガラリが開いていて、空気の行き来ができる状態であれば、換気扇を回すとガラリを通して空気が取り込まれます。

大事なポイントは、 ユニットバス内に取り込まれる空気が、外の湿気を含んだ空気ではなく、脱衣所側(室内側)の比較的 乾いた空気 ということです。

この方法なら〝窓開け換気〟に比べて、換気扇を回す目的(浴室内にこもった湿気を早めに外に出し、できるだけ湿度の低い、乾いた空気を中に取り入れる)が効率よく達成されることになりますね。

温度、栄養分だって残さない!

湿度以外の2つの要素(温度、栄養分)に関しては、それぞれ関連性がありますのでまとめてご紹介したいと思います。

温度と栄養分 をユニットバス内に残さないために、私がお客様におススメしているのは、最後にお風呂を使った方がまずは石鹸の泡などをお湯で洗い流し、そのあと冷たいシャワーを洗い場の床にかけて仕上げる、という方法です。

こうすることによって、カビ菌のエサとなる石鹸の泡(ヒトのカラダから排出された老廃物や皮脂など)を洗い流し、暖められたユニットバス内をいったんクールダウンさせることができるのです。

まとめ

お風呂をカビから守るコツ 3つのステップ
(ステップ1)
最後にお風呂を使った方が、お湯のシャワーで石鹸の泡などを洗い流し、そのあと水に切り替えて洗い場の床全体にシャワーをかける
(ステップ2)
窓があれば窓を閉め、ドアも閉める
(ステップ3)
換気扇をひと晩回す

最近のユニットバスは、水はけのよい床が主流ですが、もし、この方法で洗い場の床の乾きが悪いと感じられる場合は、隙間風をつくるため、ドアを少しだけ開けた状態で換気扇を回していただくことをおススメします。

そして、換気扇の吸い込み口やフィルター、ドアのガラリ(換気口)にホコリなどがたまっていないかどうか、改めて点検していただくこともお忘れなく。

お風呂のカビは一度発生すると、完全に除去するのがなかなか難しいクセモノです。

だからこそ、今回ご紹介したような、ちょっとした使い方のコツをおさえていただくことで、カビとは無縁の、いつまでも快適な浴室を使い続けていただけたらと思っています。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO東京センターショールーム/LIXILショールーム東京)

★ユニットバスのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

投稿者: Living Link

リビングリンクは、企業と生活者との"かけ橋"となり、企業が商品やサービスに込めた思いを生活者へとつなげます。