Blog

[年末総決算!] 浴室お掃除道具考

今年も早いもので、残すところあとひと月あまりとなりました。

何かと落ち着かないシーズンの到来ですね。

そして、年末と言えば、、やっぱり大掃除!

ちょうど昨年の今ごろ、浴室のお掃除道具に関する記事を書かせていただきました。

【お掃除道具について思うこと】
http://www.livinglink.co.jp/bathroom/cleaningtools-1
http://www.livinglink.co.jp/bathroom/cleaningtools-2

今回は、その更新版として新たな切り口を交え、さらにパワーアップした内容をお伝えしたいと思います。

浴室を長く快適にお使いいただくためのご参考として、ぜひ最後までお付き合いいただき、皆さまの暮らしに何か少しでもお役に立てたら幸いです。

 

はじめに

突然ですが、まずは
皆さまのご自宅のお風呂を思い浮かべてみていただけますか?

ユニットバスですか?
それとも、 従来からある在来浴室と呼ばれるものでしょうか?

おそらく、この記事を読んでくださっているたいていの方は、写真に代表されるような「ユニットバス」ではないかと思います。

最新のユニットバスはお手入れのしやすさなどの清掃性に配慮されています。

「ユニットバス」は、今や私たちにとって、身近な存在となりました。

 

そのルーツをたどっていくと、今から50年以上前の東京オリンピックの頃にさかのぼります。

当時、ホテルへの納入用として、開発、製造されたのがユニットバスの始まりでした。

その後、住宅にも設置できるタイプが商品化され、広く世の中に普及したのは、2000年代の初頭と言われています。

その背景には、ユニットバスのバリアフリー化が進んだこと、そして高機能化が図られたこと、この2つが挙げられます。

 

新築の戸建住宅やマンションに、ユニットバスを設置する機会が増えただけでなく、お風呂をリフォームする際に、ユニットバスを選ぶお宅も増えました。

今や、「お風呂と言えば、ユニットバス!」と言ってもいいくらい、ユニットバスは私たちの身近な存在になっています。

それなので、今回は、一般的な浴室のお掃除道具のお話というよりも、「ユニットバスを長く快適に使い続けるためのお掃除道具」に焦点を絞って、お伝えさせていただきます。

 

お掃除道具 開発エピソード

以前のブログの中で、自身のメーカー勤務時代のお話として、お風呂洗い用の洗剤やスポンジが収納できる「お掃除道具収納」棚の企画開発にチャレンジさせていただいた経験をご紹介しました。

女性視点のモノづくりエピソード
http://www.livinglink.co.jp/mibunrui/message-2

 

当時は、「お掃除道具収納」を商品化することがメインテーマでしたが、実は同時に、自社のユニットバスに合った使いやすい「お掃除道具」も作れないか、検討を行っていました。

女性視点で企画開発した、「お掃除道具付き収納棚」を発売したかったのです。

 

お掃除道具の企画開発に当たっては、湯アカなどの汚れが落ちることはもちろん、ユニットバス自体を傷めないことや、不具合につながらないといったことも、必須条件のひとつとなっていました。

 

汚れ落ちだけを考えると、市販品の中に多くの選択肢がありました。

が、お掃除道具の材質によっては、製品表面の不具合につながることもあるだけに、「たかがお掃除道具、されどお掃除道具」の世界だったのです!
購入されたお客様にご迷惑がかかってしまっては、元も子もありません。

試験用のユニットバスに疑似汚れを付けて、実際の道具を使ってお掃除です。
汚れの落ち具合や、製品への影響など、お掃除 ⇒ 確認、お掃除⇒確認  をひたすら続けました。

何度となく試験を繰り返すうちに、ようやく「これが理想のお掃除道具!」というイメージが固まりました。

ただ、このお掃除道具、大変残念なことに、市販品のものに比べて、あまりにも高額なお値段となってしまい、結果的には商品化までたどり着くことができませんでした。

 

最終的には、当初目指していた「お掃除道具付き収納棚」ではなく、「お掃除道具収納」単品での発売となりました。

楽しみにしていただけに、とても残念でしたが、この経験から多くの学びを得ることができ、モノづくりの大変さを肌で感じることができました。

めったにできない貴重な経験、いま思い返してもありがたさを感じます。

この時の経験が、自身でお掃除道具を購入する際はもちろん、お客様にアドバイスをさせていただく現在でも、とても役に立っています。

 

今どき浴室の特長

ここで、今どきの最新ユニットバスの特長について、簡単にご紹介しておきましょう。

水回り設備メーカーさんのショールームに行くと、清掃性に配慮された最新のユニットバスに触れることができます。

メーカーさんのショールームに行くと、清掃性に配慮されたユニットバスに触れることができます。

それぞれのメーカーさんで技術に違いはあれども、日々のお掃除負担をいかに減らすか、ということに心血が注がれていることが分かります。

背景には、消費者の方からそれだけ要望が多いということが挙げられますが、とりわけ技術の進化の存在が大きいと言えます。

 

お風呂の汚れが、シャワーの水と一緒に流れ落ちやすくなっている表面処理の工夫や、軽くこすってサッと洗い流すだけで湯アカが落ちる素材など、様々な技術が随所に取り入れられています。

ひと昔前のお風呂では、とても考えられませんでした。

でも、技術が進化し、汚れや湯アカなどを落としやすくなった分、私たちの日々のお掃除でちょっとした注意が必要なのも事実です。

 

おススメ!
今どきのお掃除道具はコレ!

今日まで、私たちの多くは、肩に力を入れながら、ゴシゴシこするお手入れを習慣にしてきました。

ちょっと油断すると、汚れがこびりつき、力を入れてゴシゴシこすらないと汚れが落ちなかったからです。

汚れ = 一生懸命になって落とすもの
このようなイメージを持たれている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そして、ゴシゴシお掃除をする際に使っていたのは、毛羽立ったナイロン繊維のスポンジや、硬めのブラシなど、いかにも汚れをこすり取ってくれそうな掃除道具だったのではないでしょうか?

確かに、水アカや石鹸カスなどがこびり付いて落とせなくなってしまった状態では、こすり取ってくれるようなお掃除道具が必要だったのかもしれません。

 

ただ、最新のユニットバスのお手入れには、そのような気合の入ったお掃除道具は必要ないですし、一生懸命頑張らなくてもいいんです!

むしろ、かえって逆効果になるケースもあるくらいです。

なぜなら、スポンジのガザガサした繊維などが製品表面に細かいキズを作ってしまい、そこに汚れがたまり始める、という悪循環におちいる可能性があるからです。

それなので、最新のユニットバスのお手入れには、写真のようなやわらかいスポンジをおススメするようにしています。

浴槽などの表面を傷めないので、ポリウレタンフォームのやわらかいスポンジがおススメです!

材質は、ポリウレタンフォームと呼ばれるものです。
車を洗う洗車用のスポンジでも、同じ材質のものを見かけますね。

ちなみに、写真のスポンジは、100均のお店で2個セットで売られていたものです。
これなら惜しげなく使えますね!

 

そして、床のお手入れには、やわらかい材質の床ブラシがおススメです。

ユニットバスの床のお掃除におススメです! 写真のものは、メーカーさんのオリジナル品ですが、イメージサンプルとしてご紹介させていただきます。

定期的に床をこすることで、目地などに石鹸カスが溜まるのを防いでくれたり、ピンクカビが生えるのを防いでくれたりします。

床ブラシのご使用も、おススメです!

ただし、先ほどのお伝えした悪循環を招かないよう、ブラシの材質にはくれぐれもお気をつけくださいね。

 

床ブラシで言うと、床ブラシでのお掃除頻度をご質問くださるお客様がたまにいらっしゃいます。

基本的には、メーカーさんの取扱説明書に従っていただくことをおすすめしています。

あえて目安をお伝えするなら、床がだんだん白っぽくなってきたと感じられたり、ピンク色になってきたかな、と気になり始めた頃がブラシの出番となります。
床ブラシのご使用は、頻繁でなくても構いません。

 

最新のユニットバスのお手入れでは、「やわらかいスポンジや床ブラシを使う」、「ゴシゴシこすらない」が定番です。

長く快適にお使いいただくためには、最適なお掃除道具選びがとても重要であることを、ほんの少しだけ意識していただけたらと思います。

 

長く快適に!
お掃除道具選びのコツ

ユニットバスを長く快適にお使いいただくためには、日常のお手入れに使うお掃除道具がとても大切であることをお伝えさせていただきました。

ここまで、長丁場にお付き合いいただき、ありがとうございます!

 

この記事の最後に、ユニットバスを長く快適にお使いいただくための、お掃除道具選びのコツについてご紹介させていただきます。

長く快適な状態に使い続けていただくために

ユニットバスを始めとする水回り設備は、一度購入したら20年以上は使い続ける「耐久消費財」です。

「耐久消費財」を長く快適に使い続けていただくためにも、日常のお手入れ道具を購入される際は、意識して選んでいただきたいと思います。

 

そこで重要になってくるのが、「何を基準に選ぶか」ということです。

その拠り所となるのが、メーカーさんの「取扱説明書」です。

取扱説明書の中には、お掃除道具に関する記載があります。
そこに何と書かれているのか、まずはチェックしてみてください!

シンプルですが、これに尽きます。

 

そして、もし何を選んだらいいのか迷ったら、ガサガサの毛羽だったものよりはフワフワのもの、カタいものよりはやわらかいもの、を基準にしていただくことをおススメします!

あくまでも、「製品の表面を傷めない材質かどうか」を意識していただきたいのです。

ユニットバスを長く快適にお使いいただくために大事なのは、何と言ってもお掃除道具選びです。

世の中には多くの情報があふれ、私たちは、さまざまなものの中から選択できる自由を手に入れました。

そのような時代だからこそ、消費者である私たちの目利き力が常に試されているように感じます。

 

最新のユニットバスをお使いの方も、そうでない方も、これからユニットバスの購入をご検討される方も、そうでない方も、皆さまの快適な暮らしにとって、何か一つでもヒントにつなげられたら幸いです。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

※お掃除道具選びに不安のある方、お困りの方はコチラまで。

(写真;LIXILショールーム東京/TOTO東京センターショールーム)

 

ビルトインコンロ最前線

今回は、システムキッチンのメイン機能のひとつ、ビルトインコンロについてお伝えします。

最新のビルトインコンロ事情に加え、新しくシステムキッチンを購入されたお客様とのエピソードや、実際のお客様からの反応などをご紹介させていただきながら、盛りだくさんでお伝えしていきます。

どうぞ最後までおつき合いください。

 

改めてキッチンコンロ

ホームセンターや家電量販店などで目にすることが多いです。
ビルトインコンロのことをお伝えする前に、まずは家庭用キッチンコンロについてのおさらいをしておきたいと思います。

家庭用のキッチンコンロをカテゴリで分類すると、設置方式と熱源、大きくこの2つに分類することができます。

設置方式のカテゴリには、 据え置き型とビルトイン型、この2つが含まれます。
熱源のカテゴリには、ガスとIHが含まれます。

設置方式のカテゴリに含まれる据え置き型のコンロは、「台所」をイメージしていただくと、分かりやすいかもしれません。
流し台より一段低くなったスペースに、後からコンロを設置するというものです。
据え置き型のコンロは、上の写真のようにホームセンターや家電量販店などで、単体で売られています。
そのため、自分で設置したり、交換できるのが特徴です。

一方、ビルトイン型のコンロは、 水まわり設備メーカーのシステムキッチンに組み込まれて販売されています。
キッチンと一体になっているため、スッキリとした印象を与え、据え置き型に比べて、お手入れ手間がかからないのが特徴です。
ビルトイン型のコンロには、最新の技術を搭載しているものが多く、性能や機能などの違いによるバリエーションが豊富です。
水まわり設備メーカー側がそれぞれの価格帯を設定しており、キッチン選定の中で予算に合ったコンロを選択することができます。

 

熱源のカテゴリに含まれるガスと電気は、皆さま よくご存じですよね。

一般の家庭では、これまでガスを熱源とする時代が長く続いてきました。

電気を熱源とするIHクッキングヒーターの登場は、卓上タイプから始まったそうです。
ビルトインタイプが発売されたのは、今から20年近く前のことですが、世の中的にはガスが主流の時代でしたので、相当なアウェイ感があったのではないかと思います。

その後、2011年3月の東日本大震災後の低迷期を乗り越え、昨今のオール電化住宅の広まりや、高齢者の安全に対する備えとしてのIHにスポットが当たり、熱源として誰もが身近に感じる存在になりました。

キッチンを新しく購入されたお客様のお宅に伺っても、IHが確実に普及していることを実感します。

 

ガス・IH
それぞれの特徴


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ガスコンロ あるある

天高く馬肥ゆる秋!

実りの秋を迎え、食べ物がおいしい季節になりましたね。

ときどきインターネットのお料理レシピサイトをチェックするのですが、掲載されているお料理のどれも美味しそうなこと。
食欲をそそられます。

*  *  *  *  *

今回は、食欲の秋を陰で支える縁の下の力持ち、キッチンのガスコンロにありがちな事例をお伝えしたいと思います。

ガスコンロ あるある

ガスコンロに搭載されている便利機能にもかかわらず、キッチンを使用する方に気づいてもらえず、実は使われていないことが多い。
そんな残念な機能がある! という実態を受けての緊急レポートです。

ぜひ、最後までおつき合いください!

そして、読み終わりましたら、
いまお使いのガスコンロのチェックもお忘れなく!

最新のガスコンロは機能性、操作性、清掃性の充実が図られています。
ガスコンロを使っている方から、よく質問されることがあります。

炒め物の際の「 火力調整 」です。

 

炒め物を作るときは、コンロの火力を強火にしたい! という方、多いのではないでしょうか?

特に、シャキシャキ感のある野菜炒めを作るときの、火力の強さは大事ですよね。

となると、
炒め物料理のときにガスコンロに求められるのは、一定以上の火力ということになります。

ところが、ガスコンロを使って炒め物をしていると、調理の途中で自動的に火力が弱まることがあるというのです。

 

その都度、火力を元に戻しているけど、「本当にこのような使い方でいいの?」「何かいい方法があったら教えて!」というのが、今回の “ガスコンロ あるある” です。

 

ガスコンロもいくつかの種類から選択できます。

 

最近のガスコンロは、以前のものに比べて温度を感知するセンサーが発達しています。

これは、10年ほど前の法改正によって、ガスコンロの安全性確保が義務づけられたこと、そしてコンロメーカーさんの取り組みによって、技術が発展したことに起因しています。

 

ガスコンロの安全性については、キッチン火災と深く関わっています。

キッチン火災と言えば、ガスコンロからの出火によるものがほとんどです。

コンロの消し忘れと、天ぷら油からの発火が主な原因です。

特に天ぷら油の場合、油の温度上昇が火災に直結します。
油の性質上、加熱し続けると、やがて油から火が出ることがあるからです。

そして、最悪のケースがキッチン火災 です。

 

ガスコンロが原因となる火災事故を撲滅するため、コンロのバーナー部分に温度センサーが取りつけられるようになりました。

センサーが付いていることによって、機能面での充実が図られている。

 

センサーの働きによって、天ぷらナベなど 鍋底温度を管理しながら、最終的には油の熱しすぎを防いでくれる、という仕組みです。

そして、コンロの消し忘れについても、同じくセンサーの働きによって、約2時間で自動消火されるようになりました。

 

センサーは、「Siセンサー」と呼ばれ、今日のガスコンロの安心・安全を確保してくれています。

「Siセンサー」を始めとする技術の進化によって、調理の際の鍋底の温度を制御できるようになりました。

その結果、一定以上の温度に達しそうになるとセンサーが働いて、自動で火力を弱めてくれるのです。

 

ただ、炒め物をおいしく作るには、一定以上の火力が必要です。

センサーが働くと、途中で火力が弱まってしまいます。

この火力の弱まりが、炒め物の邪魔になることがあるのです。

 

いまお使いのガスコンロの操作パネルに、「高温炒め」などと表示されたボタンはありますか?
(製品の製造時期や機種によっては、高温炒め機能が搭載されていないものもあります)

「高温炒め」は、おいしい炒め物料理を作る際の、おススメ便利機能です!

 

高温炒め機能の仕組みについて、簡単にご紹介しておきましょう。

高温炒めは、炒め物のための機能です。

この機能を使うと、センサーによる温度制御が解除されたり、火力が弱まる温度が高く設定されたり、通常とは異なるモードが働きます。(機種によって異なります)

ということは、
高温炒め機能を使うと、「高火力で炒め物が作れるようになる!」ということです。

 

 

これまで、
炒め物をするたびに急にコンロの火が弱くなってストレスを感じていた方、野菜炒めにシャキシャキ感を出したかった方、炒め物をもっとおいしく作りたい方、いま お使いのガスコンロをチェックしてみてください!

そして、「高温炒め」と表示されたボタン(もしくは類似のボタン)があるかどうか、確認してください!

さらに、もし高温炒めのボタンを見つけたら、今夜のおかずは、ぜひ炒め物 にしてください!

 

高温炒め機能の他にも、色んな機能が搭載されています。ぜひお試しください!

 

技術の発展によって、私たちの暮らしに安全・安心がもたらされるようになりました。

ただ、今回のように、技術の進化によってこれまでとは違った使い方をしなければならないケースも、現実的にはあるのです。

説明書を見れば確かに書いてあることですが、
私たちの日々の暮らし、とりわけ「食」に関わることは、周知に対する工夫や丁寧さが必要です。

 

今回お伝えした内容が、皆さまの日々の暮らしに、ほんの少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

(写真;クリナップ・キッチンタウン・東京)

★キッチンのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

キッチン収納考

先日お邪魔したお客様のお宅で、キッチン収納について深く考えさせられる出来事がありました。

キッチンを始めとした水回り設備は、
一度購入したら長く使用する、言わば耐久消費財です。

それにもかかわらず、お客様がその使い勝手の良し悪しに気づくのは、いつも「使い始めてから」がほとんどです。

時として、いたたまれない気持ちになります。

「残念なお客様を一人でも減らしたい!」との思いから、自分がたまたま持ち合わせている知識や経験をもとに毎回記事を書いています。

 

一人でも多くの方にご興味をお持ちいただき、共有いただくことで、「残念なお客様」を一人でも減すことにつながっていけたら幸いです。
⇒ご購読に関するご案内こちら

 

今回は「キッチン収納考」ということで、システムキッチン収納とその落とし穴について、お客様エピソードを交えながらご紹介したいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

主婦を笑顔にするトイレ

水回りを新しくされたお客様のお宅に伺って、使い方やお手入れの仕方などをお伝えする機会があります。

先日も、あるお客様のお宅にお邪魔したのですが、トイレのご説明をさせていただいた際に、奥様がとてもステキな笑顔を浮かべられていたのが印象的でした。

今回は、このエピソードをもとに、「主婦を笑顔にするトイレ」についてご紹介したいと思います。

便器と床とが接していないトイレです。

まずは、上の写真をご覧ください。
そのお客様のお宅と同じタイプのトイレです。

よく見ていただくと、便器が床から浮いているのが分かります。

一瞬「えっ!?」と思われるかもしれませんが、 たまに駅のトイレや商業施設のトイレに設置されているのを見かけます。

ただ、この床から浮いているトイレ、住宅用として商品化されていることをご存じない方が意外と多いのでは? と感じています。

このタイプのトイレは、フローティング(浮いている)デザインと呼ばれ、数年前にTOTOさんから発売されました。

その特徴は、一目瞭然!

便器の下にライトが付いていて、夜間は足元灯になります。

便器と床とが接していないので、「すき間がない!」ということです。

普通のトイレでしたら、
便器と床とのすき間に汚れがたまるところですが、便器が床から浮いているので汚れがたまる所がありません。

トイレの床をお掃除するときに、一気に便器の下までキレイに拭ける爽快感(!?)
一度味わってみたいものです。

冒頭にご紹介したお客様のお宅には、ちょうど小学校低学年くらいの男のお子さんがいらっしゃいました。

便器と床との間にすぐに汚れがたまり、お掃除とても大変だったそうです。

この先ずっと便器と床とのすき間汚れを気にしなくてもいい、そのように考えたとき、お客様から思わず笑みがこぼれたのも納得ですね。

「あー、一度でいいから便器ごと取り外して床をキレイにお掃除したい!」
そう思われている方に、ぜひおススメしたいトイレです。

 

主婦を笑顔にするトイレのお話を共有いただいたところで、皆さま何となく気になっていませんか?

便器が落下してしまうことはないのか。

もし、仮に大相撲の力士が家に遊びに来たとき(かなり極端な例ですが)、「ちょっとトイレ貸してください」と言われたら・・・

横綱の体重に耐え切れずに、便器が落ちてしまわないかしら???

 

ちなみに、横綱白鳳関の体重は155㎏、稀勢の里関は173㎏です。(日本相撲協会公式サイトより)

横綱の体重に耐えきれず便器が落下しようものなら、それこそ我が家の一大事!ですよね。

そうならないために、メーカーさんできちんと対処してくださっていて、その上で商品として販売されていますのでご安心を。

 

便器が落下しないその秘密は、便器背面、背板キャビネットの中にあります。

実は、内部に頑丈な骨組みが組まれていて、見えないところでしっかりと便器を支えてくれているという構造です。

便器と後ろのパネルとの取り合い部分。スッキリ納まっています。

ちなみに、便器は陶器でできていて、耐荷重は220㎏だそうです。

これなら、仮に横綱の電撃訪問があったとしても、便座が落下することなくトイレを使っていただけますね ♪

ただここで、1点だけご注意いただきたいことがあります。

便器は安心だとしても、便座(ウォシュレット)は大丈夫? ということです。

便座はプラスチックでできているということもあって、耐荷重は100㎏です。
もちろん使い方にもよりますので、すぐに割れたりヒビが入ったりするとは限りませんが。

 

このブログを読んでくださっている読者さまの中で、もし体重100㎏超えの方がいらっしゃいましたら、単に便座(ウォシュレット)の破損だけではなく、カラダへの負担のことを第一にお考えいただき、僭越ながら、この機会にご自身の体重と向き合う時間を作っていただくのもよろしいかもしれませんね。

*   *   *   *   *

トイレを始めとして、水回り設備は日々進化を続けています。
そして、その進化によって私たちの暮らしは、より便利で快適なものに変化します。

これからも、ブログ記事を通して少しでも皆さまのお役に立てるような情報の発信を目指してまいります。

最後までお読みくださりありがとうございました。

浮いています。

(写真;TOTO東京センターショールーム)

★トイレのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで