Blog

キッチン収納考

先日お邪魔したお客様のお宅で、キッチン収納について深く考えさせられる出来事がありました。

キッチンを始めとした水回り設備は、
一度購入したら長く使用する、言わば耐久消費財です。

それにもかかわらず、お客様がその使い勝手の良し悪しに気づくのは、いつも「使い始めてから」がほとんどです。

時として、いたたまれない気持ちになります。

「残念なお客様を一人でも減らしたい!」との思いから、自分がたまたま持ち合わせている知識や経験をもとに毎回記事を書いています。

 

一人でも多くの方にご興味をお持ちいただき、共有いただくことで、「残念なお客様」を一人でも減すことにつながっていけたら幸いです。
⇒ご購読に関するご案内こちら

 

今回は「キッチン収納考」ということで、システムキッチン収納とその落とし穴について、お客様エピソードを交えながらご紹介したいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

主婦を笑顔にするトイレ

水回りを新しくされたお客様のお宅に伺って、使い方やお手入れの仕方などをお伝えする機会があります。

先日も、あるお客様のお宅にお邪魔したのですが、トイレのご説明をさせていただいた際に、奥様がとてもステキな笑顔を浮かべられていたのが印象的でした。

今回は、このエピソードをもとに、「主婦を笑顔にするトイレ」についてご紹介したいと思います。

便器と床とが接していないトイレです。

まずは、上の写真をご覧ください。
そのお客様のお宅と同じタイプのトイレです。

よく見ていただくと、便器が床から浮いているのが分かります。

一瞬「えっ!?」と思われるかもしれませんが、 たまに駅のトイレや商業施設のトイレに設置されているのを見かけます。

ただ、この床から浮いているトイレ、住宅用として商品化されていることをご存じない方が意外と多いのでは? と感じています。

このタイプのトイレは、フローティング(浮いている)デザインと呼ばれ、数年前にTOTOさんから発売されました。

その特徴は、一目瞭然!

便器の下にライトが付いていて、夜間は足元灯になります。

便器と床とが接していないので、「すき間がない!」ということです。

普通のトイレでしたら、
便器と床とのすき間に汚れがたまるところですが、便器が床から浮いているので汚れがたまる所がありません。

トイレの床をお掃除するときに、一気に便器の下までキレイに拭ける爽快感(!?)
一度味わってみたいものです。

冒頭にご紹介したお客様のお宅には、ちょうど小学校低学年くらいの男のお子さんがいらっしゃいました。

便器と床との間にすぐに汚れがたまり、お掃除とても大変だったそうです。

この先ずっと便器と床とのすき間汚れを気にしなくてもいい、そのように考えたとき、お客様から思わず笑みがこぼれたのも納得ですね。

「あー、一度でいいから便器ごと取り外して床をキレイにお掃除したい!」
そう思われている方に、ぜひおススメしたいトイレです。

 

主婦を笑顔にするトイレのお話を共有いただいたところで、皆さま何となく気になっていませんか?

便器が落下してしまうことはないのか。

もし、仮に大相撲の力士が家に遊びに来たとき(かなり極端な例ですが)、「ちょっとトイレ貸してください」と言われたら・・・

横綱の体重に耐え切れずに、便器が落ちてしまわないかしら???

 

ちなみに、横綱白鳳関の体重は155㎏、稀勢の里関は173㎏です。(日本相撲協会公式サイトより)

横綱の体重に耐えきれず便器が落下しようものなら、それこそ我が家の一大事!ですよね。

そうならないために、メーカーさんできちんと対処してくださっていて、その上で商品として販売されていますのでご安心を。

 

便器が落下しないその秘密は、便器背面、背板キャビネットの中にあります。

実は、内部に頑丈な骨組みが組まれていて、見えないところでしっかりと便器を支えてくれているという構造です。

便器と後ろのパネルとの取り合い部分。スッキリ納まっています。

ちなみに、便器は陶器でできていて、耐荷重は220㎏だそうです。

これなら、仮に横綱の電撃訪問があったとしても、便座が落下することなくトイレを使っていただけますね ♪

ただここで、1点だけご注意いただきたいことがあります。

便器は安心だとしても、便座(ウォシュレット)は大丈夫? ということです。

便座はプラスチックでできているということもあって、耐荷重は100㎏です。
もちろん使い方にもよりますので、すぐに割れたりヒビが入ったりするとは限りませんが。

 

このブログを読んでくださっている読者さまの中で、もし体重100㎏超えの方がいらっしゃいましたら、単に便座(ウォシュレット)の破損だけではなく、カラダへの負担のことを第一にお考えいただき、僭越ながら、この機会にご自身の体重と向き合う時間を作っていただくのもよろしいかもしれませんね。

*   *   *   *   *

トイレを始めとして、水回り設備は日々進化を続けています。
そして、その進化によって私たちの暮らしは、より便利で快適なものに変化します。

これからも、ブログ記事を通して少しでも皆さまのお役に立てるような情報の発信を目指してまいります。

最後までお読みくださりありがとうございました。

浮いています。

(写真;TOTO東京センターショールーム)

★トイレのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

節水シャワーのお話


先の大阪府北部を震源とする地震、豪雨により被害を受けた皆様には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。


今年の夏は、かつてないほど厳しい暑さに見舞われていますね。
毎日の入浴も、お風呂(湯船)には入らずシャワーだけで済まされている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回のブログでは、ここ最近のユニットバスで当たり前になっている、「節水シャワー」についてお話をさせていただきたいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

キッチンでカンタン衛生管理

キッチンで除菌水を使うための専用水栓です。
これからのムシムシした季節に気を付けたいのが、食中毒です。

特にキッチンは、家族の口に入る食べ物を扱う大事な場所であるだけに、「衛生管理」を気にされる方、多いのではないでしょうか?

美味しいお料理も清潔なキッチンあってこそ。
雑菌が繁殖しやすいこれからの季節、キッチンの衛生管理には特に注意したいものですね。

最新のキッチンの中には、清潔機能として「除菌水」が使えるものがあります。
今回は、「除菌水」についてご紹介させていただきたいと思います。


「除菌水」の分かりやすい例としては、
赤ちゃんの哺乳びんのつけ置き洗いに使われる、ミルトンなどの消毒液が挙げられます。

ミルトンがつけ置きが必要なのに対し、最新のキッチンに搭載されている「除菌水」は、つけ置きは不要、除菌したいまな板などに、その場でサッと噴霧するだけです。

しかも、必要なのは私たちが日常使っている水道水。
薬品を入れたり、洗剤を使ったりするわけではありません。
とっても簡単です。

仕組みも至ってシンプル。

水道水の中にごくごく微量に含まれる塩素を電気分解することで、除菌成分が含まれる次亜(ジア)塩素酸水を生成するというものです。

不思議なのは、この次亜塩素酸水が時間の経過とともにまた元のお水に戻っていくという点です。

電気分解して作られるだけに、すぐにまた元の姿に戻るのです。

名称の中に「塩素」とありますが、塩素系の洗剤をそのまま流すのと違って、環境への影響を気にしなくてよいのも安心ですね。

そして、「日本の名水」で知られる富士山の周辺。

水そのものがキレイなことから、水道水に塩素がほとんど含まれていないそうなのですが、そのような地域でも同じ除菌水の性能が得られるというから、オドロキです。

日本全国各地で、専用の水栓のスイッチを押すと、「除菌水」が使えるということです。

(下の写真は、専用水栓から除菌水が噴霧されている様子です。金具の先端にあるスイッチを押して、まな板などの表面に除菌水を吹き付けます。一定時間すると自動で噴霧が止まります。)
先端をタッチすると、一定時間除菌水を噴霧します。
皆さまのお宅では、キッチンの排水口や、まな板、台ふきんなどの衛生管理、どうされていますか?

本当は、毎日のキッチン仕事の最後に、台ふきんなどを消毒できたら、いつでも清潔だろうなとは思いますが、現実問題として、いざやるとなったら意外と手間がかかって、心の負担にもなりかねません。

そのような点からも、キッチンの衛生管理、ついおろそかにしがち、、という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、この「除菌水」があれば、日々の暮らしの中でササッと手軽に、キッチンの衛生管理ができてしまうのです!

忙しい主婦の方に、ぜひおススメしたい機能です。

国内の主要水回り設備メーカーさんのキッチンの中で、「除菌水」が使えるのは、今のところTOTOさんのキッチンに限られてしまいますが、今後の展開に注目していきたいと思います。
ふたつ並んでもデザインに統一感があります。
今回は、何だか商品宣伝のようになってしまいましたが、メーカーさんからは特に何もいただいておりません(念のため)

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

★キッチンのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

浴室ドアの日進月歩

今回は、ユニットバスの“顔”とも言える、ドアについてお伝えしたいと思います。

ユニットバスのドアは、言わば洗面脱衣との境界線です。
できるだけ、周囲のインテリアとも調和のとれた佇まいであってほしいものですね。

ユニットバスのドアは、この20年の間に大きな進化を遂げました。
(冒頭の図は、従来タイプのユニットバス入口段差をイメージしたものです。)

ここではその変遷と、最新のユニットバスのドアについて、国内主要水回り設備メーカーさんの事例を引用させていただきながらお伝えしてまいりたいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について