Blog

節水シャワーのお話


先の大阪府北部を震源とする地震、豪雨により被害を受けた皆様には、謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。


今年の夏は、かつてないほど厳しい暑さに見舞われていますね。
毎日の入浴も、お風呂(湯船)には入らずシャワーだけで済まされている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回のブログでは、ここ最近のユニットバスで当たり前になっている、「節水シャワー」についてお話をさせていただきたいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

キッチンでカンタン衛生管理

キッチンで除菌水を使うための専用水栓です。
これからのムシムシした季節に気を付けたいのが、食中毒です。

特にキッチンは、家族の口に入る食べ物を扱う大事な場所であるだけに、「衛生管理」を気にされる方、多いのではないでしょうか?

美味しいお料理も清潔なキッチンあってこそ。
雑菌が繁殖しやすいこれからの季節、キッチンの衛生管理には特に注意したいものですね。

最新のキッチンの中には、清潔機能として「除菌水」が使えるものがあります。
今回は、「除菌水」についてご紹介させていただきたいと思います。


「除菌水」の分かりやすい例としては、
赤ちゃんの哺乳びんのつけ置き洗いに使われる、ミルトンなどの消毒液が挙げられます。

ミルトンがつけ置きが必要なのに対し、最新のキッチンに搭載されている「除菌水」は、つけ置きは不要、除菌したいまな板などに、その場でサッと噴霧するだけです。

しかも、必要なのは私たちが日常使っている水道水。
薬品を入れたり、洗剤を使ったりするわけではありません。
とっても簡単です。

仕組みも至ってシンプル。

水道水の中にごくごく微量に含まれる塩素を電気分解することで、除菌成分が含まれる次亜(ジア)塩素酸水を生成するというものです。

不思議なのは、この次亜塩素酸水が時間の経過とともにまた元のお水に戻っていくという点です。

電気分解して作られるだけに、すぐにまた元の姿に戻るのです。

名称の中に「塩素」とありますが、塩素系の洗剤をそのまま流すのと違って、環境への影響を気にしなくてよいのも安心ですね。

そして、「日本の名水」で知られる富士山の周辺。

水そのものがキレイなことから、水道水に塩素がほとんど含まれていないそうなのですが、そのような地域でも同じ除菌水の性能が得られるというから、オドロキです。

日本全国各地で、専用の水栓のスイッチを押すと、「除菌水」が使えるということです。

(下の写真は、専用水栓から除菌水が噴霧されている様子です。金具の先端にあるスイッチを押して、まな板などの表面に除菌水を吹き付けます。一定時間すると自動で噴霧が止まります。)
先端をタッチすると、一定時間除菌水を噴霧します。
皆さまのお宅では、キッチンの排水口や、まな板、台ふきんなどの衛生管理、どうされていますか?

本当は、毎日のキッチン仕事の最後に、台ふきんなどを消毒できたら、いつでも清潔だろうなとは思いますが、現実問題として、いざやるとなったら意外と手間がかかって、心の負担にもなりかねません。

そのような点からも、キッチンの衛生管理、ついおろそかにしがち、、という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、この「除菌水」があれば、日々の暮らしの中でササッと手軽に、キッチンの衛生管理ができてしまうのです!

忙しい主婦の方に、ぜひおススメしたい機能です。

国内の主要水回り設備メーカーさんのキッチンの中で、「除菌水」が使えるのは、今のところTOTOさんのキッチンに限られてしまいますが、今後の展開に注目していきたいと思います。
ふたつ並んでもデザインに統一感があります。
今回は、何だか商品宣伝のようになってしまいましたが、メーカーさんからは特に何もいただいておりません(念のため)

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

★キッチンのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

浴室ドアの日進月歩

今回は、ユニットバスの“顔”とも言える、ドアについてお伝えしたいと思います。

ユニットバスのドアは、言わば洗面脱衣との境界線です。
できるだけ、周囲のインテリアとも調和のとれた佇まいであってほしいものですね。

ユニットバスのドアは、この20年の間に大きな進化を遂げました。
(冒頭の図は、従来タイプのユニットバス入口段差をイメージしたものです。)

ここではその変遷と、最新のユニットバスのドアについて、国内主要水回り設備メーカーさんの事例を引用させていただきながらお伝えしてまいりたいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

お風呂をカビから守るコツ

 いよいよ梅雨シーズンが到来しましたね。

これからしばらくの間は、ジメジメとした鬱陶しいお天気が続きます。
そんな中でしばしば気になるのが、カビ。

今回はこの季節に欠かせない、お風呂のカビ対策についてご紹介させていただきたいと思います。

「お風呂のカビ」については、毎年梅雨の時期を迎える頃になると、テレビや雑誌などでよく取り上げられているので、多くの方が聞き飽きた感をお持ちかもしれません。

ですが、そのような情報を見ていると、どうも「一般的な情報」という印象を受けてしまいます。

国内のユニットバスの普及率は、新築マンションなどでほぼ100%、新築戸建住宅でも2件に1件以上の割合で採用されていると言われています。
多くのご家庭で、ユニットバスがほぼ当たり前の時代になっているのです。

それなので、
ここでは、あくまでも水回り設備メーカーさんから発売されているユニットバスに関するカビ対策のお話をお伝えしてまいります。

 


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

トレンドカラーのトイレ

LIXILショールーム東京_必見の価値ありです。先日、最近リニューアルされたばかりのLIXILさんの新宿ショールームにお邪魔してきました。

お目当てはズバリ、「トレンドカラーを取入れたトイレ」です。

LIXILさんのショールームに到着して、探すこと1分。ありました!

まっ先に目に飛び込んできたのが、写真のトイレです。

その場で思わず、「ほ~っ」と言ってしまいました。

これまで、トイレのカラーはどちらかというと控えめで、主張しすぎない傾向というのが個人的な認識でした。
トイレもインテリアの一部と考えると、これもアリだと感じました。

ちなみに、写真のトイレのようなカラーを「トープ(Taupe)」と呼び、フランス語で「モグラ」を意味するのだそうですが、実際にモグラの画像を検索してみたところ、トープカラー満載!でした。

そして、トイレの展示の壁面には「トープは灰色がかった茶色で、フランスの伝統色」と書かれた解説が貼られていました。

確かにフランスの高級ブランドのバッグにありそうな、上品な感じのニュアンスカラーです。

このトープカラーのトイレ、どんな空間にコーディネートされるのか考えただけでワクワクしてきます。
LIXILショールーム東京_必見の価値ありです。トレンドカラーは、その時代の人の気持ちを反映すると言われています。

技術革新が進み、私たちの暮らしや、人と人とをつなぐコミュニケーションは、電子機器なくしては成り立たないと言っても言い過ぎてはないくらい、すっかり電子機器に支配されてしまっています。

そのような時代だからこそ、私たちは「自然の中にある色」に懐かしさや憧れをおぼえるのかもしれません。
それがまさに、トープカラーです。

今回は、トレンドカラーを取入れたトイレのチェックが目的でしたが、その背景に隠れているものをあれこれ考えながら商品を観察することで、いつもと違った側面からモノを見ることができた貴重な機会となりました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;LIXILショールーム東京)