ビルトインコンロ最前線

今回は、システムキッチンのメイン機能のひとつ、ビルトインコンロについてお伝えします。

最新のビルトインコンロ事情に加え、新しくシステムキッチンを購入されたお客様とのエピソードや、実際のお客様からの反応などをご紹介させていただきながら、盛りだくさんでお伝えしていきます。

どうぞ最後までおつき合いください。

 

改めてキッチンコンロ

ホームセンターや家電量販店などで目にすることが多いです。
ビルトインコンロのことをお伝えする前に、まずは家庭用キッチンコンロについてのおさらいをしておきたいと思います。

家庭用のキッチンコンロをカテゴリで分類すると、設置方式と熱源、大きくこの2つに分類することができます。

設置方式のカテゴリには、 据え置き型とビルトイン型、この2つが含まれます。
熱源のカテゴリには、ガスとIHが含まれます。

設置方式のカテゴリに含まれる据え置き型のコンロは、「台所」をイメージしていただくと、分かりやすいかもしれません。
流し台より一段低くなったスペースに、後からコンロを設置するというものです。
据え置き型のコンロは、上の写真のようにホームセンターや家電量販店などで、単体で売られています。
そのため、自分で設置したり、交換できるのが特徴です。

一方、ビルトイン型のコンロは、 水まわり設備メーカーのシステムキッチンに組み込まれて販売されています。
キッチンと一体になっているため、スッキリとした印象を与え、据え置き型に比べて、お手入れ手間がかからないのが特徴です。
ビルトイン型のコンロには、最新の技術を搭載しているものが多く、性能や機能などの違いによるバリエーションが豊富です。
水まわり設備メーカー側がそれぞれの価格帯を設定しており、キッチン選定の中で予算に合ったコンロを選択することができます。

 

熱源のカテゴリに含まれるガスと電気は、皆さま よくご存じですよね。

一般の家庭では、これまでガスを熱源とする時代が長く続いてきました。

電気を熱源とするIHクッキングヒーターの登場は、卓上タイプから始まったそうです。
ビルトインタイプが発売されたのは、今から20年近く前のことですが、世の中的にはガスが主流の時代でしたので、相当なアウェイ感があったのではないかと思います。

その後、2011年3月の東日本大震災後の低迷期を乗り越え、昨今のオール電化住宅の広まりや、高齢者の安全に対する備えとしてのIHにスポットが当たり、熱源として誰もが身近に感じる存在になりました。

キッチンを新しく購入されたお客様のお宅に伺っても、IHが確実に普及していることを実感します。

 

ガス・IH
それぞれの特徴


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ガスコンロ あるある

天高く馬肥ゆる秋!

実りの秋を迎え、食べ物がおいしい季節になりましたね。

ときどきインターネットのお料理レシピサイトをチェックするのですが、掲載されているお料理のどれも美味しそうなこと。
食欲をそそられます。

*  *  *  *  *

今回は、食欲の秋を陰で支える縁の下の力持ち、キッチンのガスコンロにありがちな事例をお伝えしたいと思います。

ガスコンロ あるある

ガスコンロに搭載されている便利機能にもかかわらず、キッチンを使用する方に気づいてもらえず、実は使われていないことが多い。
そんな残念な機能がある! という実態を受けての緊急レポートです。

ぜひ、最後までおつき合いください!

そして、読み終わりましたら、
いまお使いのガスコンロのチェックもお忘れなく!

最新のガスコンロは機能性、操作性、清掃性の充実が図られています。
ガスコンロを使っている方から、よく質問されることがあります。

炒め物の際の「 火力調整 」です。

 

炒め物を作るときは、コンロの火力を強火にしたい! という方、多いのではないでしょうか?

特に、シャキシャキ感のある野菜炒めを作るときの、火力の強さは大事ですよね。

となると、
炒め物料理のときにガスコンロに求められるのは、一定以上の火力ということになります。

ところが、ガスコンロを使って炒め物をしていると、調理の途中で自動的に火力が弱まることがあるというのです。

 

その都度、火力を元に戻しているけど、「本当にこのような使い方でいいの?」「何かいい方法があったら教えて!」というのが、今回の “ガスコンロ あるある” です。

 

ガスコンロもいくつかの種類から選択できます。

 

最近のガスコンロは、以前のものに比べて温度を感知するセンサーが発達しています。

これは、10年ほど前の法改正によって、ガスコンロの安全性確保が義務づけられたこと、そしてコンロメーカーさんの取り組みによって、技術が発展したことに起因しています。

 

ガスコンロの安全性については、キッチン火災と深く関わっています。

キッチン火災と言えば、ガスコンロからの出火によるものがほとんどです。

コンロの消し忘れと、天ぷら油からの発火が主な原因です。

特に天ぷら油の場合、油の温度上昇が火災に直結します。
油の性質上、加熱し続けると、やがて油から火が出ることがあるからです。

そして、最悪のケースがキッチン火災 です。

 

ガスコンロが原因となる火災事故を撲滅するため、コンロのバーナー部分に温度センサーが取りつけられるようになりました。

センサーが付いていることによって、機能面での充実が図られている。

 

センサーの働きによって、天ぷらナベなど 鍋底温度を管理しながら、最終的には油の熱しすぎを防いでくれる、という仕組みです。

そして、コンロの消し忘れについても、同じくセンサーの働きによって、約2時間で自動消火されるようになりました。

 

センサーは、「Siセンサー」と呼ばれ、今日のガスコンロの安心・安全を確保してくれています。

「Siセンサー」を始めとする技術の進化によって、調理の際の鍋底の温度を制御できるようになりました。

その結果、一定以上の温度に達しそうになるとセンサーが働いて、自動で火力を弱めてくれるのです。

 

ただ、炒め物をおいしく作るには、一定以上の火力が必要です。

センサーが働くと、途中で火力が弱まってしまいます。

この火力の弱まりが、炒め物の邪魔になることがあるのです。

 

いまお使いのガスコンロの操作パネルに、「高温炒め」などと表示されたボタンはありますか?
(製品の製造時期や機種によっては、高温炒め機能が搭載されていないものもあります)

「高温炒め」は、おいしい炒め物料理を作る際の、おススメ便利機能です!

 

高温炒め機能の仕組みについて、簡単にご紹介しておきましょう。

高温炒めは、炒め物のための機能です。

この機能を使うと、センサーによる温度制御が解除されたり、火力が弱まる温度が高く設定されたり、通常とは異なるモードが働きます。(機種によって異なります)

ということは、
高温炒め機能を使うと、「高火力で炒め物が作れるようになる!」ということです。

 

 

これまで、
炒め物をするたびに急にコンロの火が弱くなってストレスを感じていた方、野菜炒めにシャキシャキ感を出したかった方、炒め物をもっとおいしく作りたい方、いま お使いのガスコンロをチェックしてみてください!

そして、「高温炒め」と表示されたボタン(もしくは類似のボタン)があるかどうか、確認してください!

さらに、もし高温炒めのボタンを見つけたら、今夜のおかずは、ぜひ炒め物 にしてください!

 

高温炒め機能の他にも、色んな機能が搭載されています。ぜひお試しください!

 

技術の発展によって、私たちの暮らしに安全・安心がもたらされるようになりました。

ただ、今回のように、技術の進化によってこれまでとは違った使い方をしなければならないケースも、現実的にはあるのです。

説明書を見れば確かに書いてあることですが、
私たちの日々の暮らし、とりわけ「食」に関わることは、周知に対する工夫や丁寧さが必要です。

 

今回お伝えした内容が、皆さまの日々の暮らしに、ほんの少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

(写真;クリナップ・キッチンタウン・東京)

★キッチンのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

キッチン収納考

先日お邪魔したお客様のお宅で、キッチン収納について深く考えさせられる出来事がありました。

キッチンを始めとした水回り設備は、
一度購入したら長く使用する、言わば耐久消費財です。

それにもかかわらず、お客様がその使い勝手の良し悪しに気づくのは、いつも「使い始めてから」がほとんどです。

時として、いたたまれない気持ちになります。

「残念なお客様を一人でも減らしたい!」との思いから、自分がたまたま持ち合わせている知識や経験をもとに毎回記事を書いています。

 

一人でも多くの方にご興味をお持ちいただき、共有いただくことで、「残念なお客様」を一人でも減すことにつながっていけたら幸いです。
⇒ご購読に関するご案内こちら

 

今回は「キッチン収納考」ということで、システムキッチン収納とその落とし穴について、お客様エピソードを交えながらご紹介したいと思います。


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

キッチンでカンタン衛生管理

キッチンで除菌水を使うための専用水栓です。
これからのムシムシした季節に気を付けたいのが、食中毒です。

特にキッチンは、家族の口に入る食べ物を扱う大事な場所であるだけに、「衛生管理」を気にされる方、多いのではないでしょうか?

美味しいお料理も清潔なキッチンあってこそ。
雑菌が繁殖しやすいこれからの季節、キッチンの衛生管理には特に注意したいものですね。

最新のキッチンの中には、清潔機能として「除菌水」が使えるものがあります。
今回は、「除菌水」についてご紹介させていただきたいと思います。


「除菌水」の分かりやすい例としては、
赤ちゃんの哺乳びんのつけ置き洗いに使われる、ミルトンなどの消毒液が挙げられます。

ミルトンがつけ置きが必要なのに対し、最新のキッチンに搭載されている「除菌水」は、つけ置きは不要、除菌したいまな板などに、その場でサッと噴霧するだけです。

しかも、必要なのは私たちが日常使っている水道水。
薬品を入れたり、洗剤を使ったりするわけではありません。
とっても簡単です。

仕組みも至ってシンプル。

水道水の中にごくごく微量に含まれる塩素を電気分解することで、除菌成分が含まれる次亜(ジア)塩素酸水を生成するというものです。

不思議なのは、この次亜塩素酸水が時間の経過とともにまた元のお水に戻っていくという点です。

電気分解して作られるだけに、すぐにまた元の姿に戻るのです。

名称の中に「塩素」とありますが、塩素系の洗剤をそのまま流すのと違って、環境への影響を気にしなくてよいのも安心ですね。

そして、「日本の名水」で知られる富士山の周辺。

水そのものがキレイなことから、水道水に塩素がほとんど含まれていないそうなのですが、そのような地域でも同じ除菌水の性能が得られるというから、オドロキです。

日本全国各地で、専用の水栓のスイッチを押すと、「除菌水」が使えるということです。

(下の写真は、専用水栓から除菌水が噴霧されている様子です。金具の先端にあるスイッチを押して、まな板などの表面に除菌水を吹き付けます。一定時間すると自動で噴霧が止まります。)
先端をタッチすると、一定時間除菌水を噴霧します。
皆さまのお宅では、キッチンの排水口や、まな板、台ふきんなどの衛生管理、どうされていますか?

本当は、毎日のキッチン仕事の最後に、台ふきんなどを消毒できたら、いつでも清潔だろうなとは思いますが、現実問題として、いざやるとなったら意外と手間がかかって、心の負担にもなりかねません。

そのような点からも、キッチンの衛生管理、ついおろそかにしがち、、という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

でも、この「除菌水」があれば、日々の暮らしの中でササッと手軽に、キッチンの衛生管理ができてしまうのです!

忙しい主婦の方に、ぜひおススメしたい機能です。

国内の主要水回り設備メーカーさんのキッチンの中で、「除菌水」が使えるのは、今のところTOTOさんのキッチンに限られてしまいますが、今後の展開に注目していきたいと思います。
ふたつ並んでもデザインに統一感があります。
今回は、何だか商品宣伝のようになってしまいましたが、メーカーさんからは特に何もいただいておりません(念のため)

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

★キッチンのご提案や設計についてご相談されたい方はこちらまで

<新商品レポート>キッチン

CENTROコンセプト、「キッチンを暮らしの真ん中に。」
国内の主要な水回り設備メーカーさんでは、定期的に自社商品のモデルチェンジを行っています。

特に新商品の発売ともなれば、それなりの準備期間を必要としますので、商品がショールームに無事に展示された際には、皆さんとても感慨深いものを感じるのではないかと思います。

今回は、クリナップさんからこの2月に発売された「CENTRO」という名前の新しいキッチンについて、関係者の方から直接ご説明をいただく機会がありましたので、HOTなレポートとして皆さまにもお届けしたいと思います。

クリナップさんと言えば、国内でシステムキッチンを初めて世に送り出した先駆けメーカーさんであり、常に数々の「業界初」をご提供してくださっていることで知られています。

そんなクリナップさんが今回新たに発売したのが、システムキッチン「CENTRO」です。

コンセプトは、キッチンを暮らしの真ん中に。

そのコンセプトへのこだわりが随所に取り入れられていて、新しいシステムキッチンの幕開けを予感させるような印象を受けました。

全体を通して最も興味深かったのが、シンクスペースとワークトップスペースの両立という考え方でした。

ワークトップにはめ込まれている一枚の大型プレートがシンクの上までスライド(下の写真、右側のプレート)、移動して使えることでシンク内にお鍋などを置いたまま、その上で野菜を切ることもできるのです。
切った野菜はそのままお鍋の中に投下。
大型のプレートがワークトップとシンクの上を行き来するから、深型のお鍋をシンクに置いたまま、その上で野菜を切ることもできます。 本来であればワークトップにあるはずのまな板が、お鍋の上までスライドしていく光景をイメージしていただくと分かりやすいでしょうか。

「モノをどかしながら調理しなくていい」というのは、作業の効率化にもつながりそうで、一度試してみたくなりました。

これ以外にも、「ハイブリッドコンロ」なるものががとても印象的でした。
その名の通り、ガスの直火とIHの機能性を1カ所にまとめて両方使えるようにしたコンロです。

「ハイブリッドコンロ」があれば、お料理のメニューによって、それぞれに合った熱源を選択、使い分けできます。

ここ数年来のIHの進化ぶりには目を見張るものがありますが、やはりお料理によっては「直火で調理した方がきっと美味しく仕上がるだろうな、、」と思うものもあります。

それを一気に解決してくれる「ハイブリッドコンロ」。
「熱源に合わせてお料理する」の時代から、「熱源を選んでお料理する」の時代へと移行していくのでしょうか?
今後の展開が楽しみです。

まだまだご紹介したいアイテムはたくさんありますが、やはり「新商品」にはメーカーさんのとびきりの思いが込められていて、見ているだけでパワーをいただける気がします。

日本のモノづくり、その裏側を垣間見ることができて、とても感動的でした。

貴重な機会を与えてくださった関係者の皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;クリナップ・キッチンタウン・東京)