ビルトインコンロ最前線

手前のグリルプレートの下がIH部分

今回は、システムキッチンのメイン機能のひとつ、ビルトインコンロについてお伝えします。

最新のビルトインコンロ事情に加え、新しくシステムキッチンを購入されたお客様とのエピソードや、実際のお客様からの反応などをご紹介させていただきながら、盛りだくさんでお伝えしていきます。

どうぞ最後までおつき合いください。

 

改めてキッチンコンロ

ホームセンターや家電量販店などで目にすることが多いです。
ビルトインコンロのことをお伝えする前に、まずは家庭用キッチンコンロについてのおさらいをしておきたいと思います。

家庭用のキッチンコンロをカテゴリで分類すると、設置方式と熱源、大きくこの2つに分類することができます。

設置方式のカテゴリには、 据え置き型とビルトイン型、この2つが含まれます。
熱源のカテゴリには、ガスとIHが含まれます。

設置方式のカテゴリに含まれる据え置き型のコンロは、「台所」をイメージしていただくと、分かりやすいかもしれません。
流し台より一段低くなったスペースに、後からコンロを設置するというものです。
据え置き型のコンロは、上の写真のようにホームセンターや家電量販店などで、単体で売られています。
そのため、自分で設置したり、交換できるのが特徴です。

一方、ビルトイン型のコンロは、 水まわり設備メーカーのシステムキッチンに組み込まれて販売されています。
キッチンと一体になっているため、スッキリとした印象を与え、据え置き型に比べて、お手入れ手間がかからないのが特徴です。
ビルトイン型のコンロには、最新の技術を搭載しているものが多く、性能や機能などの違いによるバリエーションが豊富です。
水まわり設備メーカー側がそれぞれの価格帯を設定しており、キッチン選定の中で予算に合ったコンロを選択することができます。

 

熱源のカテゴリに含まれるガスと電気は、皆さま よくご存じですよね。

一般の家庭では、これまでガスを熱源とする時代が長く続いてきました。

電気を熱源とするIHクッキングヒーターの登場は、卓上タイプから始まったそうです。
ビルトインタイプが発売されたのは、今から20年近く前のことですが、世の中的にはガスが主流の時代でしたので、相当なアウェイ感があったのではないかと思います。

その後、2011年3月の東日本大震災後の低迷期を乗り越え、昨今のオール電化住宅の広まりや、高齢者の安全に対する備えとしてのIHにスポットが当たり、熱源として誰もが身近に感じる存在になりました。

キッチンを新しく購入されたお客様のお宅に伺っても、IHが確実に普及していることを実感します。

 

ガス・IH
それぞれの特徴


誠に恐れ入りますが、このコンテンツを閲覧いただくにはお客様登録が必要となります。
ご登録がお済みでないお客様は、こちらをご覧ください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

投稿者: Living Link

リビングリンクは、企業と生活者との"かけ橋"となり、企業が商品やサービスに込めた思いを生活者へとつなげます。